現在取扱い楽譜数:ロケット出版2,342件
国内楽譜180,735件、 輸入楽譜53,292件

楽譜PDFサンプル

「エヴァンゲリオンウインドシンフォニー」より Angel of Doom(EM21)【鷺巣詩郎監修】(arr.天野正道) 吹奏楽譜

★鷺巣詩郎監修★

商品番号 GP124

グレード 4

演奏時間 3分30秒

出版社 ロケットミュージック

在庫:5(通常1〜2日以内に発送)

¥9,900税込
編曲者 天野正道(アマノ・マサミチ)
作曲者 鷺巣詩郎(サギス・シロウ)
シリーズ GOLD POP【ゴールド・ポップ】
編成概要 吹奏楽
ソロパート なし
解説 1995年のテレビ放送以来、多くのファンを魅了する『エヴァンゲリオン』シリーズ。20年以上たった今でも当時のファンに加えて若い世代にまで支持をされ続けている作品。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の第1作『序』が2007年に公開され、第2作『破』が2009年に、第3作『Q』が2012年にそれぞれ公開されている。全4部作を予定しており、完結編となる第4作は2020年に公開を予定している。
『エヴァンゲリオン』シリーズ、初めてとなる吹奏楽版コンサートが、2018年9月7日(金)に東京芸術劇場 コンサートホールにて開催された。コンサートでは2009年発売されたCD「ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版」からの楽曲に加え、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の楽曲から作曲家鷺巣詩郎が監修し、作曲者と親交が深い天野正道が全曲編曲を担当した。
ゲストにオリジナルのサウンドトラックも演奏しているトランペット奏者エリック・ミヤシロを迎え東京佼成
ウインドオーケストラが演奏し、編曲を担当した天野正道がタクトを振った。

2007年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を代表する1曲。ヤシマ作戦のクライマックスシーンで印象的に使われ、後日この楽曲のPVも作成された。作品中で人類と敵対する存在「使徒」を「Angel」と英語表記で統一されているので、「破滅の使徒」と訳すことができる。
解説2 【GOLD POP シリーズとは】....このシリーズは「決してやさしくないが、やりがいのあるポップスを提供する」というコンセプトで作られているシリーズ出版譜。アレンジャーは、ジャズ、ポップスに精通している才気溢れるトップ・アレンジャーを起用。
編成 スコア
Full Score

木管楽器
Flute 1
Flute 2
Piccolo(Flute 3)
Oboe 1
Oboe 2
Bassoon 1
Bassoon 2
Eb Clarinet
Bb Clarinet 1
Bb Clarinet 2
Bb Clarinet 3
Eb Alto Clarinet
Bb Bass Clarinet
Bb Contrabass Clarinet
Eb Alto Saxophone 1
Eb Alto Saxophone 2
Bb Tenor Saxophone
Eb Baritone Saxophone

金管・弦楽器
Bb Trumpet 1
Bb Trumpet 2
Bb Trumpet 3
F Horns 1&2
F Horns 3&4
Trombone 1
Trombone 2
Bass Trombone
Euphonium
Tuba
String Bass

打楽器
Timpani
Snare Drum
Bass Drum
Suspended Cymbal, Suspended Crash Cymbal
Marimba
まだレビューはありません

関連商品