全商品ポイント5倍還元キャンペーン中

現在取扱い楽譜数:ロケット出版1,275件、国内楽譜76,811件、輸入楽譜35,993


楽譜のことなら「ロケットミュージック」、欲しい楽譜を素速くお届けします

> Music People vol.8

Music People vol.8

Music People Vol.8

コンサートに「遊びに来てね!」
木管五重奏カラフルの原点は吹奏楽。


私とクラリネットとの出会い
 中学の入学式へ緊張に包まれながら向かうと、会場には華やかなマーチが鳴り響き♪♪♪ その音に心を奪われた私は、すぐに吹奏楽部の門を叩きました。第一希望は打楽器、楽器体験で最初に持たされたのは大きなシンバル、当時背も低く痩せていた私の腕はプルプルと痙攣……シンバルを持っていられず「最初の挫折」。第二希望はサックス、サックスは人気楽器なので第二希望で体験に行った時にはすでにバリトンサックスしか余っておらず、また重さに「第二の挫折」。ウロウロしているうちに強制的に余り物だったクラリネットに決定。
 クラリネットは、最初はなかなか思うように音が出ない。苦戦していた時、母に一本のビデオを見せられました、『ベニー・グッドマン物語』。素晴らしいテクニックに華やかな音色、カッコいい音楽に一瞬にして虜になりました。なんて素晴らしい楽器なんだ!と・・・それ以来クラリネットに魅了され音楽にのめり込んでいきました。

私の吹奏楽部時代
 学生時代は色々な事を経験しました。吹奏楽、マーチングバンド、ビッグバンド…...中でも高校時代のコンクールは、たくさんの思い出があります。
 顧問の先生の指導は厳しく「指の回らない木管は出て行けー!」と合奏を追い出され、悔し涙を流しながら出来るようになるまで、何度も何度も繰り返し練習しました。今、指導する立場になって練習の大切さと厳しい指導は先生の愛の鞭だと分かり、あの時の経験がプロになるための「屈しない根性と忍耐力」を与えてくれたと思います。
 当時35人B編成のコンクールに出ることになりました。小編成バンドだったために部員はたったの12人。各楽器1人ずつくらいしかいない状態の中、コンクールに勝つためには努力の他に工夫が必要でした。クラリネットからサックス、フルートからトロンボーンなど楽器の持ち替えは当たり前で、それ以上にアンサンブル力の強化を目指しました。音を一丸となって飛ばすこと、響きを豊かにすること、曲を鮮明に聴かせること、感動してもらえる音楽を演奏すること。練習以外にもスコア片手に部員同士でも考え、相談や実験を繰り返しながらアンサンブルをしました。音楽に熱中して、みんなで作り上げていくことが本当に本当に楽しかったです。
 その結果、横浜市の大会を突破し神奈川県大会へ進むことが出来ました。

私の憧れのアーティスト
 高校時代、いろいろな音楽に触れて、大好きになったアーティスト達がいます。
 一人目はクラリネット界の貴公子こと赤坂達三さん。甘いルックスに素晴らしい演奏!アルバムの一曲目に収録されているメサージェの『solo de concours』の前半を耳コピして、クラリネットの友達とどちらがより赤坂さんっぽいかを競う"達三さんごっこ"をよくやっていました。記念撮影も大抵がアルバムのジャケ写と同じ"達三さんポーズ"でした。
 二組目&三人目がブラックボトムブラスバンドと杉山淳さん!バンドジャーナルの企画で一緒にレコーディングをさせていただきました。間近で聴いたプロの音圧のすごさ、そしてなにより演奏姿が楽しそう!聴いてるこちらも心の底から楽しくなりました。すぐにファンになった私はCDショップへ行きアルバムを何枚も買いました。レコーディングが終わり、最後に杉山淳さんが言った言葉がすごく印象に残りました。「また遊ぼうね!」
 音でコミュニケーションを行い、音で遊んで、音の楽しさを届ける。その時、私も学生さんや聴いてくれる方々が夢中になれるような音楽を届けたいと強く思いました。
 今でもコンサート告知の最後には「聴きに来て」じゃなくて、「遊びに来てね!」と必ず書きます。音楽を聴いてみんなで一緒にHAPPYになれる時間を共有したいから。
この気持ちが、私がカラフルを作った原点なんです。

次の夢へ〜木管五重奏カラフル
 カラフルを結成してからは、楽しいステージ作りを常に考え、高校時代の私にとってのブラックボトムブラスバンドのような存在になれるようにと、学生さんとの交流も積極的に行いました。そんなクラリネット四重奏のカラフルを経て、私の原点に立ち返ると、やはり「吹奏楽」なんです。
 今まで作り上げて来た楽しいステージはそのままに、今度は「木管五重奏カラフル」という編成で心に響く音楽を作っていきます。フルート・オーボエ・クラリネット・ホルン・ファゴットで構成される木管五重奏は、それぞれが違う振動体を持つ楽器のため、音色もすべて違い、それぞれの音色を存分に楽しみながらハーモニーを聴いていただけることでしょう。吹奏楽部時代に学んだ「小編成でも感動する音楽を作り演奏する」という基本と、甘く優雅な響きの木管五重奏に楽しさを加えた「木五カラフル」の演奏活動にご期待ください。それでは、皆様、木五カラフルのコンサートに「遊びに来てね!」


木五カラフル・プロフィール

音楽プロデューサー
リベラ・ウインド音楽監督、音楽評論。
福田滋


若林 愛 若林 愛 (わかばやし めぐみ)
 12月18日生まれ 横浜出身。2008年洗足学園音楽大学音楽学部を優秀賞を受け卒業し卒業演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。クラリネットを角田晃、伊藤寛隆の両氏に、室内楽を山根公男氏に師事。2008年第5回クラリネットアンサンブルコンクール第1位受(日本クラリネット協会主催)。クラリネット4重奏カラフルにてキングレコード、ユニバーサルミュージックよりアルバムを5枚発売。


yumi yumi(ユミ)
 2月16日生まれ静岡県出身。
 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。14歳よりフルートを学ぶ。大学在学中、ソニー・クラシカルよりCDアルバムをリリースし注目を集める。フルートを川島祐子、北村薫、三上明子、竹澤栄祐、工藤重典、パウル・マイゼン、ウォルフガング・シュルツの各氏に師事。ソルフェージュを茂木眞理子氏に師事。世界的巨匠ジェームズ・ゴールウェイに「極めて豊かな音楽性と驚くべきテクニック」とその才能を高く評価された。ソリストとして、これまでにオーケストラアンサンブル金沢やサンクトベテルブルク祝祭管弦楽団との全国ツアーのほか、NHK「クイズ日本の顔」(2006年)など、メディアへの出演も多い。近年では絵画を始め、展覧会への出展も行う。


yumi 北山順子(きたやま じゅんこ)
 埼玉県出身。16才よりホルンを始める。
 狭山ヶ丘高校、武蔵野音楽大学卒業。ホルンを伊藤泰世、ラースロー・ガール、久永重明、丸山勉の各氏に、室内楽を磯部周平、カールマン・ベルケシュの両氏に師事。在学中、学内オーディションに合格し「室内楽の夕べ」成績優秀者によるソロ演奏会に出演。岡山県支部新人演奏会、JTアフタヌーンコンサートに出演。2004年、日本ホルン協会サマーキャンプ ソロコンクール第1位、ホルンフェスティバル第1回アンサンブルコンクールで優勝。現在、フリーランスのホルン奏者として、在京オーケストラ、地方オーケストラにエキストラ出演、またミュージカル、室内楽の分野などでも活動している。Cor Ensemble VENUSメンバー。


yumi 大久保茉美(おおくぼ まみ)
 岩手県出身。洗足学園音楽大学を優秀賞を受賞し卒業。同時に卒業演奏会に出演。サントリーホール主催レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2013に出演。
 これまでにオーボエを鈴木繁、宮村和宏、小畑義昭の各氏に、室内楽を藤田雅、千葉直師、辻功の各氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部別科1年次在学中。


yumi 泉田章子(いずみだ あきこ)
 茨城県出身。茨城県立日立第一高等学校、武蔵野音楽大学卒業。第11回「万里の長城杯」国際音楽コンクール優秀賞受賞。武蔵野音楽大学茨城県支部新人演奏会出演。第35回茨城県新人演奏会出演。茨城の名手・名歌手たち第24回出演。ファゴットを岡崎耕治、岡本正之の両氏に、室内楽を中川良平氏に師事。(財)いばらき文化振興財団登録アーティスト。(財)いばらき文化振興財団音楽出前講座に多数回出演。現在、室内楽やオーケストラ等で活躍中のほか、東京都内や茨城県内で後進への指導、講習会等でも活動中。音楽教室ルナーレ、音楽教室フェアリー講師。メルクルディ・フィルハーモニー管弦楽団木管トレーナー。ハーツ・ウインズメンバー。



若林 愛【わかばやし・めぐみ】木管五重奏カラフル リーダー 若林愛
 2008年洗足学園音楽大学音楽学部を優秀賞を受け卒業し卒業演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。2010年東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマ科修了。クラリネットを角田晃、伊藤寛隆の両氏に、室内楽を山根公男氏に師事。進化するクラリネット・ユニットのリーダー&1STクラリネットとして、従来のクラシックの概念にとらわれないPOP&CUTEな演奏を行うべくカラフルを2007年4月に結成。2008年第5回クラリネットアンサンブルコンクール第1位受賞(日本クラリネット協会主催)。年間70本を超える公演を実施。
 2015年1月 木管五重奏カラフルを結成。




PAGE TOP