全商品ポイント5倍還元キャンペーン中

現在取扱い楽譜数:ロケット出版1,275件、国内楽譜76,811件、輸入楽譜35,993


楽譜のことなら「ロケットミュージック」、欲しい楽譜を素速くお届けします

> Music People vol.10

Music People vol.10

Music People Vol.10

音楽の生涯学習としての王様は吹奏楽だと思います


 幼少の頃より歌うことが好きでした。小学生の頃は合唱部で活動し、浜松市児童少年音楽隊でもボーイソプラノを響かしておりました。当時、児童少年音楽隊に入団するためには「聴音」と「歌唱」の試験があり、楽譜を読んだり書いたり等の経験もなく、よく合格出来たものだと思っていました。入団後に指導の先生より「聴音は全然できていなかったけど、歌唱の時にとても良い声で気持ちよさそうに歌うから合格にしたよ」と伺ったことを今でも鮮明に覚えています。

土屋文人  中学校では迷わず合唱部に入部したものの男子一人。当時中学校の吹奏楽部顧問の先生より「音楽が好きなら、吹奏楽でも音楽はできる!」の言葉を信じ、中学2 年になった時に吹奏楽部に転部しました。渡された楽器は大きなテューバで、ちょっとだまされたのかな?とも思ったのですが、雲をつかむような思いでの吹奏楽部生活がスタートしたのでした。

 しかし、楽譜を見て楽器を演奏するということ、そしてなかなか演奏技術も追いつかず、そして1 年遅れのスタートで1 年生と同じ扱い。プライドはズタズタに裂かれ、しかもテューバには気持ちよく歌うメロディーが全然ないこと等、大変なストレスでした。いつしか吹奏楽は楽しくないと思い始め、部活動も休みがちになっていきました。

土屋文人  しかし、熱中するきっかけがあったのでした!それは「アンサンブルコンテスト」でした。アンサンブルコンテスト用に配布された楽譜がフィリップ・ジョーンズ・ブラスの「フレールジャック」(J. アイブソン編曲)という金管5 重奏の譜面でした。テューバパートは今まで見たことのない高い音域もあり、SOLO と表記されたメロディーも書いてありました。これには興奮しました。当時は参考演奏なども簡単に手に入りませんのでこの楽譜をもとにどんな曲なのか、ピアノでたどたどしく弾いて音を取った記憶があります。そしてこの曲でアンサンブルコンテストにエントリーして、曲の雰囲気もつかめないまま本番当日を迎えるわけですが、なんと当日の朝、NHK-FM で放送されていた「ブラスの響き」で、この「フレールジャック」が流れたのです。当時FM 誌を購入して、いろいろな音楽番組をエアチェックしていましたので、この放送もしっかりとカセットに録音しました。学校に行き大会出発前に5 重奏のメンバーでこの音を聴いて、きれいすぎる音のテューバ演奏の違いに唖然としたまま、大会へ向かい結果はもちろん落選でした(当時は金銀銅でなく、代表が最優秀賞でその他はすべて優秀賞でした)。あのFM で流れた演奏のテューバは、かの有名なイギリスの故ジョン・フレッチャーさんでした。テューバでもこんなにも素晴らしい音楽ができることを知り、その後「テューバ一筋」に燃えていき、それをつき詰めてみようという気になっていきました。気がつけばテューバを専門で学び、まがりなりにもそれを生業とする立場にまでなることができました。それからは徹底してこれじゃダメと自身に厳しく毎日を過ごしていました。そして当時は吹奏楽のことも忘れ、興味はオーケストラやテューバのことのみでした。

土屋文人  吹奏楽指導のきっかけは、私の出身である浜松地域の中学校、高校より請われ、指導にたびたび帰郷するようになったことでした。そこで頑張る生徒たちと格闘する顧問の先生方の姿を見るたびに、吹奏楽の魅力に引き込まれていきました。その後、縁もあり「浜松海の星高校吹奏楽部」の指導をするようになってここまで来ましたが、当初は12 名でスタート。私の住まいは東京のままで、演奏活動をしながらの二足のわらじでの片手間の指導でしたので、うまくなるはずがありません。いろいろなチャンスやきっかけもその後いただき、意を決し1999年にテューバの演奏活動を辞めて、住まいを東京より浜松へ戻したのでした。これには本当に勇気がいりましたが・・・。私がテューバにのめりこんだように、そういった出会いに関われることを信じていました。

土屋文人  静岡県浜松市は、何社もの大手楽器メーカーの本社があります。楽器の街で、「音楽の都」へと向け躍進している都市です。2014年12月にはアジア初の音楽部門でのユネスコ創造文化都市の指定を受けました。そんな都市ですので、おかげさまで浜松は学校吹奏楽部の活動は大変盛んです。また私も吹奏楽だけでなく多くの音楽関係のイベントなどのプロデュースにも関わらせていただくようにもなり、充実した毎日を送ることができています。音楽の生涯学習としての王様は吹奏楽だと思います。浜松でも多くの市民が吹奏楽団を結成して楽しんでいます。生涯学習としての吹奏楽の充実。これからは、学校吹奏楽部の指導だけでなく、いろいろな場面でも、益々お役にたてるようなこともしていきたいと考えています。



土屋文人 土屋 史人【つちや・ふみひと】浜松海の星高等学校 吹奏楽部 指揮者
1965 年浜松生まれ。テューバ奏者として活動後、故郷浜松にて吹奏楽指導者になる。
浜松海の星高等学校吹奏楽部音楽監督。全国生涯学習音楽指導員ネットワーク静岡・副代表。生涯学習音楽指導員A 級。日本高等学校吹奏楽連盟 常任理事。大垣女子短期大学講師




PAGE TOP