現在取扱い楽譜数:ロケット出版2,386件
国内楽譜198,789件、 輸入楽譜55,684件

楽譜PDFサンプル

生と死の幻想曲 (アッペルモント) 吹奏楽譜

Fantasia Per La Vita E La Morte

商品番号 UN1460

グレード 6

演奏時間 17分10秒

出版社 Beriato

発送までの目安:8日~31日

ネット特別価格
¥47,520税込 ¥52,800税込
作曲者 Bert Appermont(ベルト・アッペルモント)
シリーズ 輸入オリジナル
編成概要 吹奏楽
解説 生と死の神秘さがこの作品の出発点となっています。新しいサウンドの世界、独自のリズムシーケンス、サスペンスに満ちたメロディー、そして独特のオーケストラの音色を求める一種の音楽探求を混ぜ合わせた、ストーリーのない作品を書きたかったのです。

副次的な要因は、この時期に私の第一子の誕生と、それに続く近親者の死でした。生と死が互いにどれほど近いかを体験することになりました。一方が他方の正反対であるにもかかわらず、それらは信じられないほど似ています。どちらの出来事も新しい世界への入り口であり、感情に大きな影響を与えます。さらにこの作品は、飛行機事故で楽員の一人を失ったオーケストラ「New Life」からの委嘱作品であったことも、このアプローチの確信に繋がりました。

作品中のどの部分が生命(誕生)に関係しており、どの部分が死に言及しているかについてはコメントを控えます。伝統的な概念に疑問を投げかけ、それをリスナーに開かれたままにしておくほうが興味深いと私には思えます。ある一節が誕生に関するものであると考え、その後この考えが変わると、音楽レベルと形而上学レベルの両方で興味深い疑問が生じます。

音楽は、間接的ではありますが、信じられないほど説得力のある方法で、人類の終わりのない努力と探求を表現します。音楽は、いわば永遠に触れることさえでき、死を超越できるという感覚を私たちに与えてくれます。この終わりのない探求(そして憧れ)は、作品全体を通して聞こえます。それは、第2部の巨大な張力曲線と説得力のあるテーマと同様に、第1部の音場とアクセントの変化にも当てはまります。このように、半音はガイドとして機能し、作品全体を通じ、音楽の素材の多くはそれに基づいています。ゆっくりのセクションのメロディアスなソロでは、深い愛の跡が静かさと共鳴し、その後、この作品は生と死を最後にもう一度考え、喜びと悲しみ、人々の可能性と限界、そして万物の理由について思索を巡らせます。

この作品を最愛の娘パウリエンチェ、メテルケ、そしてオーケストラ「New Life」のヨハン・デ・ヨングに捧げます

The mystique surrounding life and death formed the starting point of this composition. I wanted to write a work without a story, mixed up in a kind of musical quest for a new world of sound, original rhythm sequences, melodies filled with suspense and distinct orchestral tones.

The indirect cause was the birth of my first child which took place during this time, followed by the death of a close family member. At such a moment you experience just how close life and death are to each other, and despite one being the antithesis of the other, they are incredibly similar. Both radical events are passages into new worlds and have great emotional impact. Moreover, the work was commissioned by “New Life”, an orchestra that lost one of its musician in a plane crash, which also led me to believe that this approach would be appropriate.

I would prefer not to comment on which passages in the composition concern life (birth) and which refer to death. It seems to me that it is more interesting to question traditional conceptions and leave it open for the listener. If you think that a passage is about birth, and this idea then shifts, it is this that raises fascinating questions, on both a musical and metaphysical level.

Music is in an indirect but incredibly persuasive way in which to express the endless striving and seeking of mankind. Music can even touch eternity, as it were, and give us the feeling that we can transcend death. This endless search (and also longing) can be heard throughout the work; as much in the sound fields and accent shifts in the first part as in the enormous tension curves and compelling themes of the second part. The semi-tone functions in this way as a guide or something to hold on to, running through the whole work and upon which much of the musical material is based. Traces of profound love resound with quiet simplicity in the slow section’s melodious solos, after which the work contemplates life and death one last time, muses upon joy and sadness, on the possibilities and limitations of people and on the why of all things.

I would like to dedicate this work to my dearest daughter Paulientje, to Meterke and to Johan de Jong of the “New Life” orchestra.

関連商品