現在取扱い楽譜数:ロケット出版2,386件
国内楽譜198,789件、 輸入楽譜55,684件

楽譜PDFサンプル

ルビコン (アッペルモント) 吹奏楽譜

Rubicon

商品番号 UN1456

グレード 4.5

演奏時間 15分05秒

出版社 Beriato

発送までの目安:8日~31日

ネット特別価格
¥55,737税込 ¥61,930税込
作曲者 Bert Appermont(ベルト・アッペルモント)
シリーズ 輸入オリジナル
編成概要 吹奏楽
解説 ルビコンは紀元前49年にユリウス・カエサルが彼の力を恐れたローマの指導者たちと対峙して軍隊とともに渡った北イタリアの川です。ライバルのポンペイウスとの戦いの後、カエサルがローマの絶対的支配者として権力を掌握することになりました。したがって、「ルビコン川を渡る」という言葉は、後戻りのきかない道へと歩み出す、その決断を下すということを意味します。

この作品は、歴史上のこの重要な局面を表した3つの部分で構成されています。
第1部「瞑想(Meditation)」は、カエサルの難しい選択を助けてほしいという神への願いを表現しています。ゆっくりとした導入部では、ドゥドゥク (ソプラノ・サックスで演奏することもできます) とブルドンの伴奏に乗せたソプラノ独唱の、憂鬱で懇願するような歌が聴こえます。その後、ソプラノのソロ歌手がメロディアスで厳格な「dona tibi pacem」(休息を与え給え)を歌います。

第2部「ファルサルスの戦い(Battle of Pharsalus)」では、トランペットとトロンボーンが交互に響き渡り、荘厳なローマ風のファンファーレが立体音響を生み出します。これは、カエサルの強力な軍隊がライバルのポンペイウスの軍隊と戦うという軍事的なテーマに発展します。カエサルの軍隊のテーマが消えていく一方で、ポンペイウスのテーマは6/8拍子の素朴な舞曲として現れます。彼の軍隊は大群であり、敵を簡単に倒すことができると信じています。突然トランペットとトロンボーンがオーケストラの両側で衝突し、カエサルの軍隊が前進して攻撃します。2つのテーマが交互に、または同時に演奏される激しい戦いが続きます。最終的には、カエサルは洞察力に富んだ戦闘戦術のおかげで、この伝説的な戦いになんとか勝利することができました。彼のテーマはトランペットとホルンでますます高らかに鳴り響き、最終的にはすべてが消え、両軍の兵士の間の和睦へと変わります。第1部の「dona tibi painm」は和睦のテーマとして機能します。

カエサルは新たなローマ帝国の唯一の統治者であり、この帝国は今日まで西洋文化にその痕跡を残しています。第3部「ダンス(Dance)」は、ギリシャとローマの要素を多く含んだきらびやかな舞曲が続き、カエサルの勝利が賞賛されます。ローマ人の文化(芸術、神など)がギリシャ文化に大きく依存していることは周知の事実です。ユーフォニアム、ベースセクション、ソプラノ・サックスで、その時代の音楽を表しています。全体のテンポが徐々に上がり舞曲に包まれ、再びオープニングのメロディーが華やかに響き渡ります。この作品は、カエサルのテーマが再び勝利を収める壮大な金管ファンファーレで終わります。

The Rubicon is a river in Northern Italy which Julius Caesar crossed with his army in 49 BC in defiance of the leaders of Rome, who feared his power. A civil war against rival Pompey ensued, which culminated in Caesar seizing power as the absolute ruler of Rome. The phrase “crossing the Rubicon” therefore refers to any person committing himself irrevocably to a risky, decisive and irrevocable of course of action.

The work consists of three parts that deal with this important moment in history. Part 1 (“Meditation”) symbolises Caesar’s request to the Gods to assist him in his difficult choice. In a slow introduction we hear the melancholy and beseeching sounds of the duduk (alternatively, this part can be played by a soprano saxophone) and of the soprano solo singer over the bourdon accompaniment. The soprano solo singer then sings “dona tibi pacem” (give him rest) in a melodious and probing theme.

In Part 2 (“Battle of Pharsalus”) trumpets and trombones resound alternately in a stately Roman fanfare, producing a stereophonic effect. This develops into a martial theme in which Caesar’s impressive army goes to battle against the army of rival Pompey. While the theme of Caesar’s army fades away, Pompey’s theme emerges as a naive dance in six-eight time. His army is definitely in the majority and it believes it can easily defeat the enemy. Suddenly trumpets and trombones clash on two sides of the orchestra: Caesar’s army advances and attacks. A fierce battle ensues in which the two themes are played alternately as well as simultaneously. Thanks to his shrewd battle tactics, Caesar manages to win this legendary battle after all: his theme resounds ever louder in trumpets and horns until everything dies out and changes into a kind of reconciliation between the soldiers of the two armies. The melancholy “dona tibi pacem” from part 1 now serves as a reconciliation theme.

Caesar is now the sole ruler of the New Roman Empire, which would be destined to leave its mark on our Western civilisation to this day. The third part is a sparkling succession of dance music (“Dance”) with many Greek and Roman elements in which Caesar’s victory is praised and celebrated. It is common knowledge that the culture (arts, gods, etc.) of the Romans drew heavily on Greek culture. I have therefore used an authentic Greek theme (the Seikolos song) several times in this part (bar 17 in the euphonium, bar 60 in the base section, bar 68 in the soprano saxophone) to suggest the music of that era and to evoke the right atmosphere. After a gradual increase in tempo in the entire orchestra, the opening melody gloriously resounds once more, surrounded by virtuoso dance music. The work ends with bombastic brass fanfares in which Caesar’s theme triumphs once more.

関連商品